日々是好日

まるまるころころとしあわせにいきたい。

『そう!でも、それがなんなの?』

 

今回はシュガー・ラッシュ:オンラインのお題の理想のコンビについて綴ります!

 

 

 

 今回、公開されているシュガー・ラッシュ:オンラインは2012年に公開されたシュガー・ラッシュの続編となります。

私は未見にも関わらず映画の名前、ヒーローとヒロインの名前はしっかり覚えていました!

というのも、予告やCMがユニークで頭に残りやすいから……。

 

2012年に公開された シュガー・ラッシュは悪者として生きていた(でもヒーローとして生きたい)ラルフがヴァネロペと会って、はじまる物語。(日本のゲームの悪者代表 クッパも映画予告に出ていた気がする。)

 

そして、今作シュガー・ラッシュ:オンラインはヒロイン ヴァネロペが中心の話なのかな?と思っています。

 今回の予告、CMでとても気になった、そして頭に残ったのがヒロイン ヴァネロペが自分もプリンセスだと話す場面。

 

 

 

www.youtube.com

 

 

プリンセスの確認として、ディズニープリンセスたちが魔法の髪や魔法の手などのプリンセスの特別な何かを持っていないか?とヴァネロペに聞きますが、

ヴァネロペはことごとく『ない。』と回答。

 

ヴァネロペにはプリンセスらしい特別な何かは持っていないけれど、最後の質問 『強い男性に幸せにしてもらったってみんなから思われてる?』ことがプリンセスと共通しており、プリンセスと認められます。

 

この質問に対する

ヴァネロペの『そう!でも、それがなんなの?』という言葉が強く残っています。

 

実はヴァネロペよりも、ディズニープリンセスたちがこの事実に囚われており、

色々思うことはあるけれど、ディズニープリンセスとして存在していることが面白かったです。

 

ヴァネロペとヒーローのラルフは理想のコンビ(映画は未見のため、理想のコンビかもしれないにしておきます)だけれども、他のディズニープリンセスとヒーローのプリンスがコンビか?と聞かれたら違うのはディズニープリンセスの世界ではプリンスと共に敵や事件を解決することがないからかな、と思います。

 

寝てるうちに敵が倒されていたり、プリンセスの周りが助けてくれたり、あまりプリンスと一緒に問題を解決するというイメージがわかないのがプリンスとプリンセスのコンビ感がない理由なのではないでしょうか。

 

きっと、コンビになるにはお互いに同じ敵や事件を解決したり、目標を持ったりして共に行動することが大切なのかなと思います。

なので、私は現実世界の恋人や夫婦は「コンビ」になれると思うけれど、ディズニープリンセスの世界ではプリンスとプリンセスが「コンビ」とは思えないのかな、と。

 

  

気づけば映画予告から、私がコンビと感じる要素について考えてしまいました……。

理想のコンビになるためには、相手と対等でいることが必要で、彼は彼として(彼女は彼女として)共に助け合いながら、問題を解決したり、悩むことが必要なのかな、と思います。

 

そして、

相手のしてくれたことに対して、感謝しつつ『そう!でも、それがなんなの?』と言えることも、自分がただのプリンセスにならないために必要ではないでしょうか。

 

 

 

 

2019年の抱負

今週のお題「2019年の抱負」をテーマにブログを綴ります!

 

 

maru00coro2.hatenablog.com

 

実は以前ブログで2018年を振り返って、簡単に2019年の抱負について書いたのですが、

今回は改めて2019年の抱負を考えてみたいと思います!

 

 

仕事について

・キャリアアップにつながる資格を取得する。

今のところ、学生時代から勉強していた「秘書検定

仕事でExcelとWordを多く使うので「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」

の2つを受験したいな、と思っています。

 

 

プライベートについて

・自炊の回数を増やす。

料理が苦手なのと、自分しか食べないし……ということで調理が簡単な料理しかしてこなかったのですが、さすがにそろそろおいしい料理をつくってみたい。

2019年中に人におもてなしできるくらいの得意料理を1つつくるのが目標です。

 

 

 

・過ごしやすい部屋を作り上げる。

とりあえず、日用雑貨・整理整頓のグッズをそろえて、不必要なものを捨てる。

(本棚と小さな机が欲しいな、とネットショップをぐるぐる巡回中です)

 

 

 

自分の楽しみについて 

資生堂のメイクレッスンに行く。

ずっと行きたくてたまらない資生堂のメイクレッスン。

予約がとれなくて困っているのですが、今年こそパーソナルカラーとメイクについて学ぶコースを受講したい!!と意気込み中。

私はメイクが苦手です。

メイクをするのは楽しいのですが、これで合っているのか?カバーできているのか、濃くないか?と不安になります。

金額は高めですが、かなり丁寧に教えてくださるとのことで、これで自分の悩みが解決できるのなら安いものではと考えています。

観劇遠征を控えれば、これにプラスして化粧品もいろいろ買えるのですが、せっかく銀座でレッスンするなら観劇前とかに習いたいです!(わがまま)

 

 

 

ミュージカル観劇について

宝塚歌劇については今のところ、絶対観にいこうと決めているのは

月組公演『夢限無双/クルンテープ 天使の都』のみ。

 

クルンテープ(タイ)を舞台にしたショーなんて、滅多にないので絶対観たい。

公演解説の「神秘的なオリエンタルな雰囲気」「青い海と色鮮やかな花々」「エキゾチックなレビュー」の言葉に胸がときめきます。

タイということで、男役の女装祭りになりそうな気がするので、それも楽しみ♡♡

 

他に観たいのは帝国劇場のレ・ミゼラブル

名作ですよね。

数年前に映画化されたこともあって、とても有名なミュージカルの一つですが、原作も素晴らしいのでぜひ!

(私は今のところあんなに涙を垂れ流しながら読んだのは島崎藤村の破戒とレ・ミゼラブルだけです。)

 

 

キャストも素晴らしい方ばかりで(トレンディエンジェル斎藤司さんだけが異彩を放っていますが)、どの回を見ても迫力、満足感でいっぱいになると思います。

できれば良い席で観たいけれど、人気も高そうなので観れるだけ幸せだと思おう……。

チケットとるの頑張ります! 

 

 

今年は観劇を控えたいな、と思うのですが達成はしないと思います……。

絶対観たいというカテゴリー以外なら

 

花組のカサノヴァも観たいし、宙組オーシャンズ11も観たい。

花組のカサノヴァはトップ娘役 仙名彩世さんの退団公演ですし、演出家の生田先生初の一本もの(一幕二幕両方ミュージカル)なので興味があります。

 

オーシャンズ11宝塚歌劇では3度目の上演になります。

映像で以前上演された花組オーシャンズ11を観たのですが、本当に男役がかっこよくて素敵です。

何より小池修一郎先生が演出なので、「宝塚歌劇を1度観劇してみたいな……。」という方はぜひ行ってみてください。

とにかく舞台演出豪華だと思うので、楽しめると思います。

 

 

その他だと、オペラやバレエの舞台も観てみたいです。

実は今、1つについてはチケットを申し込んでいて無事取り次げたら見に行けそうです♡♡

今まで知らなかった世界に飛び込んでいく1年にしたいな、と思っています。

 

 

 

 

2018年観劇感想②~『凱旋門-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』『Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』

あと僅かで2019年……

 

慌てて

前回の続き、2018年観劇感想②~『凱旋門エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』『Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』について、語ります。

 

 

maru00coro2.hatenablog.com

  

 

 

今年の夏に私が観劇したミュージカル『凱旋門エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』は宝塚歌劇団で2000年に雪組で公演された作品の再演になります。

 

 

 

私は観劇するにあたって、再演の場合は初演や前作の映像を見たり、原作があれば原作を読んだりと準備をして観にいくタイプなのですが、今回は何も準備せず、まっさらな状態で観劇しました。

 

ですが、昔からの宝塚歌劇ファンの方たちが名作の一つあげるミュージカルの一つとして

凱旋門エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』の名前だけは知っていたので、この名作の観劇を本当に楽しみにしていました!

 

 

宝塚歌劇団の場合、劇団四季のように同じ演目をロングランすることはほとんどありません。

「再演したら観に行こう!」と思ってもその再演がいつになるかわからない、ましてや再演がもともと予定されていない場合が多いので、私は名作と言われつつもこの作品を客席から観劇できるとは発表されるまで全く思っていませんでした。

 

そして何より、そんな貴重な再演の主演を初演当時雪組トップスターとして主演した轟悠さんが再び主演として出演してくださることが衝撃でした。(さらに貴重)

 

轟悠さんは真琴つばささんが月組トップスター時代の雪組のトップスターで、今もなお宝塚歌劇団の専科で男役として活躍されていますが、私は舞台で観るのは今回が初めて。)

 

 

 

 

観劇してみての感想ですが、轟悠さんの演技を直に観ることができて感動の一言に尽きます。

円熟した男役の技術。

カッコいい……という言葉しか出てきません。

第二次世界大戦を目前にしたパリが舞台なので、ストーリーとしてはとても暗く、重たいです。

主役のラヴィックはドイツからの亡命者のため隠れて生きることしかできず、仇敵を探し、復讐することだけを考えていたところにジョアンに出会い、恋に落ちます。

復讐だけのために生きる死んだような男が恋をすることによって生きる希望を持つ……というストーリーです。

 

轟さんが演じることで、ラヴィックの過去からくる人生観に重みが出て、とてもよかったと思います。

 

特にジョアンについて苦悩する場面

仇敵を殺す場面。

腕の中でジョアンを失ってしまう場面。

轟さんの演技が情感たっぷりで、轟さんが演じるラヴィックだからこそこんな気持ちになれるのかな、と思う演技でした。

 

ボリス役の望海風斗さんは安定の歌唱力で、物語のストーリーテラーを担っていました。

トップスターがやる2番手役もなかなかいいもので、いつもよりも舞台がさらにしまっていた気がします。

 

 

ジョアンの真彩希帆さんは本当に素敵なジョアンでした。

太陽のように天真爛漫。

でも影のある、1人では生きていけないジョアンを真彩さんらしく演じられていたと思います♡♡

そして、やっぱり望海さんと同様、圧倒的な歌唱力。

特にラヴィックとバカンスにきて、楽しんでいる場面で歌う

宝石いっぱいのトランク盗んで~のお歌が本当にジョアンのかわいらしさが全開でよかったです。

 

ミュージカル自体は宝塚歌劇らしいかと聞かれると、『らしくない』ミュージカルですが、

宝塚歌劇で名作と語り継がれるのがよくわかるお話、舞台でした!

観に行って本当によかったです。

 

 

 

そして、併演ショー

『Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』。

 

個人的にラテンショーが好きなので、本当に楽しかったです。

黒塗りのお化粧を見るだけで心がわくわくします。

 

 

終始、トップコンビの歌の暴力とも言える美声を浴びているせいか、体感時間が15分くらいでした……。

 

 

ショーの中詰め、雪組の生徒さんが銀橋を学年順で渡るシーンがあるのですが、

それが本当に楽しくて、かわいい!!!

生徒さんがすごい笑顔で歌い渡っているので、テンションがかなりあがりました。

 

トップコンビのコパカバーナはトップコンビの二人ともが歌が上手いとこういう迫力ある名場面が出来上がるんだな、とひたすら感動しました。(赤色のお衣装も素敵でした♡♡)

 

 

 

来年も雪組が本当に楽しみです。

今から来月のファントムが待ち遠しい……。

 

 

2018年買ってよかったもの

 

2018年買ってよかったもの。

以前、ブログでストレス発散に長風呂をすると語りました。

 

 

 

maru00coro2.hatenablog.com

 

夏でも冬でも、とにかく長風呂です。
今日は趣味 長風呂の私が出会った、これはいいぞ!と思ったドラッグストアで買える素敵な入浴剤について語ります。

 

 

まず1つ目

 

 

 

以前書いたブログのなかで悩んでいた入浴剤がこれバブ エピュール。

 

(すごく高い価格ではないけれど、バブにしてはお高めで悩んでいた)

 

説明書きを読むと、

超微細炭酸とエプソムソルトが入浴効果を高めて、発汗、滞った血流を促進し、代謝をアップ、冷えやだるさを癒すとのこと……。

 

 

実際に使ってみて、入浴中も入浴後湯冷めすることなく、体がぽかぽかしていたような気がします。 

買ってよかったな、と思ったのはこのジンジャー&シナモンの香りが好みで、入浴していて癒されたからです。

 

あまりドラッグストアでシナモンの香りの入浴剤は見かけないので、とても気に入っています。

 

 

 

 

 

続いて2つ目

 

クナイプ バスソルト トライアルセット 40g×9

クナイプ バスソルト トライアルセット 40g×9

 

 

クナイプのバスソルト

実は趣味の宝塚の雑誌でタカラジェンヌが愛用していると知り、買いました。

 

初めて、クナイプのバスソルトを使用する方にぴったりな商品らしいですが、9種類の香りのバスソルトが入っていて、日替わりで使用するのが楽しいです。

 

個人的にパイン<松の木>&モミの香りとユーカリの香りが気に入りました。

特にユーカリの香りはすっーーーーとした刺激で、風邪をひいたとき(特に鼻風邪)にぴったりの入浴剤です。

ぜひ、試してほしい入浴剤の一つです。

 

 

 

 

 そして、最近はまっている入浴剤がクナイプのバスミルクです。

口コミを読んで、購入しました。

 

クナイプ・ジャパン クナイプ バスミルク イチジクミルク 480ml

クナイプ・ジャパン クナイプ バスミルク イチジクミルク 480ml

 

 

入浴後は肌がしっとりして、保湿力が高い入浴剤です。

乾燥する冬にピッタリで、現在絶賛活躍中です。

乾燥肌ですごく悩んでいたのですが、これを使ってから本当に調子がいいです。 

 

 

 

先に入浴剤をバスタブに入れて、お湯をためると泡風呂としても入浴できます。

これが楽しい。

ただ、初めにバスタブに入れるとかなり滑りやすいので注意が必要です。(何度か滑りました。)

泡立ちが悪い時はお湯の表面に勢いよくシャワーを当てるとできるとのことです。

 

 

これはすでに4種類の香りが出ているそうで、私はまだイチジクミルクしか使ったことがないので、残りの3つ バニラミルク、コットンミルク、アプリコットミルクを集めていくつもりです。(どんどんおうちに溜まっていく入浴剤)

 

最近はクナイプにはまりつつあり、クナイプから出ている美容オイル、美容バームが気になっています。

 

また、別のタカラジェンヌが愛用しているアユーラの入浴剤も使ってみたいな、と……。

 

入浴の時間がより良い癒しの時間にできるように、2019年も素敵な入浴剤探しに努めたいと思います。

 

 

クリスマスシーズンに読んで欲しい本

 

 

もうすぐでクリスマスが終わってしまいますが、クリスマスシーズンに読んで欲しい本を紹介します。

 

本というより、絵本ですがおすすめです。

 

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

ターシャテューダー クリスマスのまえのばん

 

 

本当は昨日、クリスマス・イヴに紹介しようと思っていたのですが眠気耐えられず、ブログを書く前に寝てしまいました。

 

さいころこの絵本を読むと

「ああ、クリスマスがやってくる……!」とわくわくしていました。

 

1ページに、1ページにいろんなものがしっかり書き込まれていて、見ていて飽きないです。

ページをめくるのがとても遅くなりますが、クリスマス・イヴの特別なかんじがこの絵本には詰まっていてとても幸せな気分になります。

また、動物たちが多く描かれており、とてもかわいらしいです。

 

さらりと読むのもよし、絵についていろいろお話するのもよし、と子どもに読み聞かせするのにぴったりの本だと思います。

 

大人になってからはあまり読んでいないので、今度実家に帰ったときにでも本を開いてみようかな……。

 

 

2018年観劇感想①~『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』

 

今日はクリスマスですね。

クリスマスが過ぎたら、あっという間に年末、気づけば年を越しているんだろうなあ……。

時が経つのは早い。

 

 

今日は2018年に観劇したミュージカルの感想を綴るつもりです。

まだ綴っていない観劇 ミュージカルは以下の通り。

 

凱旋門エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-』

 『Gato Bonito!!~ガート・ボニート、美しい猫のような男~』

『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』

『愛聖女(サントダムール)-Sainte♡d’Amour-』

 

感想を2018年中に綴り終えられるのか……。

怪しい。

 

 

 

 

とにかく、

今日は『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』について感想を綴ってまいります。

  

 私の場合、宝塚歌劇を観劇に行く=遠征となってしまうので、どうしても観に行きたい作品を選びに選んで観に行きます。(まあ、そもそもチケットが手に入ればですが)

 

せっかくの遠征なので、同時に同じ地域で公演しているミュージカル何作品か一緒に観に行けるように計画を立てているのですが、この『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』が上演されると決まったとき、何が何でもこれだけはどんなスケジュールでも絶対観に行くと決めました。

 

というのも、大空祐飛さん主演の『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』でどっぷり宝塚にはまったからです。

 

本当に大好きな作品です。(語りだしたらきりがない)

 

それを月城かなとさんが主演で再演すると決まったときは衝撃と嬉しさでごちゃまぜになり、速攻で職場から自宅に帰り、ぼーーーーーっとしていました。

 

実際に観劇して思ったことは

 

「月城さんが再演するTHE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日を観れてよかった」

「この時期に宝塚にはまっていてよかった」ということ。

 

 

 

大空祐飛さんの主演の『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』を舞台で観劇したかった……という気持ちばかり持っていたのですが、めぐりあわせで月城さん主演のこの作品を客席に座って、観劇できて本当よかったです。

 

羨ましがるばかりでなく、楽しめる今を大切にしないといけないな、と反省しました。

 

 

 

月城さんの主演の『THE LAST PARTY~S. Fitzgerald’s last day~フィッツジェラルド最後の一日』ですが、とにかく美しい、という言葉につきます。

どの場面も一つの絵に抜きとれるぐらい美しさでした。

 

個人的に成功と名声を得たスコットが妻 ゼルダがホテルで新婚生活を始めたシーンが希望にあふれていて、そして二人がお互いを愛し合っている様子がとても美しかったです。

 

お互いに笑いながら悪口?を言い合うシーン、シャツを投げるシーンは実際のスコット・フィッツジェラルドの作品『グレート・ギャツビー』のシーンにあったような気がします。

久しぶりに読み返したい。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

 

 

 

この舞台の面白いところはスコットの人生の頂点と人生のどん底が描かれているところかな、と思っています。

スコットが夢をつかみ、愛しているゼルダを妻にし、華やかな生活を過ごすところから転がり落ちていく様子。

ただ、この転がり落ちる途中でスコットは何かに気づく。

そこが演じられている演者の違いがでるところなのかな、と思います。

 

 

月城さんは美しい容姿を持っていますが、華やかというよりも落ち着いた印象があります。

そのため、ゼルダと酔狂な生活を送りつつも、しっかりとその生活について、自分でわかっている、考えているスコットのように思えました。

考えて選択した酔狂な生活が、ゼルダが自分から離れていくことによって本当に堕落的な生活になっていくように感じました。

 

また、娘 スコッティに対する父としての演技がとてもよかったです。

娘を愛する、そして娘に対して少し引け目を感じているそんな父親に思えました。

 娘 スコッティを演じた菜々野ありちゃんがとてもキュートでよかったです。

複雑な家庭環境に育った、しっかりもので、お茶目な女の子に見えました。

 

 

ヒロインの海乃美月さんについてですが、本当に美しかったです。

幕が開けば、完全なフラッパーガール

そして、スコットのミューズとなるのがわかる女性として演じられていたと思います。

 

 

ヒロインの配役が海乃さんに決まったとき、どちらかというと現在トップ娘役の美園さくらさんのほうがゼルダのイメージに合うと思っていたのですが、とてもよかったです。

 

スコットとの幸せなシーンも素敵でしたが、航空士官との恋やバレエの稽古の場面等、海乃さんは苦悩し、自立しようとする演技が素敵だなあと思いました。

生活のストレスから神経衰弱に陥り、統合失調症で入退院を繰り返すようになるゼルダになる前の最後のあがきがとても心苦しく、

「私だって……私だって」というセリフが胸に刺さりました。

 

 

 

 

 

月城さんと海乃さんをはじめ、多くの演者さんたちの熱演で(全然綴れなかったけれど暁さんのヘミングウェイもとてもよかった。)、

物語の最後のスコットとゼルダが二人で撮った写真がスクリーンに映ったのを見たら、心の中が何とも言えない切なさでいっぱいになりました。

 

本当に素敵な作品だったという言葉につきます。

 

 

 

 いくつも素敵な場面、語りたい演技があるのですが、文章がしっちゃかめっちゃかになりそうなのでこの辺で。

こちらの感想も個人の感想、そして観劇から時間が経っているため事実とは異なる部分があるかもしれません。

その点ご容赦ください。

  

 

もしよければ、スコットが娘スコッティに宛てた手紙「気にすべきこと 気にしてはいけないこと 考えるべきこと」 を調べて、読んでいただけたらなあと思います。

 私が初めてスコット・フィッツジェラルドを知った作品?です。

 

 

 

 

 

栗ご飯をつくってみて

お題「栗ごはん」

 

 

先日栗ご飯をつくりました。

 

小さい頃、栗(茶碗蒸しに入っている栗)が苦手でした。(贅沢な子どもですね)

 大人になり、子どもの頃苦手だったものは大抵食べられるようになりました。

そのひとつに栗もあります。

 

ほくほくした食感、甘み。

これを嫌いだった子どもの自分が不思議です。

 

 

 

 

 

スーパーに行けば、お米と一緒にいれて炊飯器で炊くと栗ご飯ができる素のような便利なものが売られているので、実は一から作るのは初めて。

 

 

栗を茹でて、包丁で鬼皮、渋皮を剥く。

虫食いの部分をとって……

 

 

と栗ご飯を作るのって本当に大変。

 

昔から食べられている季節を感じる素敵な炊き込みご飯ですが、作る人の手間暇がつまっている贅沢な食べ物だったんだろうなあ、と感じました。